« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.31

イチロー絶不調

イチローが5月に入り絶不調になった。5月の打率は2割ちょっとだ(通算で2割8分位)。
例年4月はダメでも5月には打率をあげてきたが今年は全く逆になった。

今日は2安打したので一安心したが、まだ心配だ。考えてみればイチローも38才だ。

本人はどう思っているかは別として、毎年同じような成績を期待する方が無理なのかも知れない。

救いはチーム(マリナーズ)が貯金1でここ数年よりはいい。イチローも張り合いが出て盛り返してくれる事を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.30

震災復興管理内閣

今日は月曜日だが、もう会社に行く必要がない。休みが続くと曜日がわからなくなる。

昨日、今日と雨と風が強いのでどこにも出かけなかったが、これから毎日何をしようかと考える日がしばらくは続くのだろう。

それはそうとして、今週はどうしても政局に注目せざるを得ない。

こんな時に菅おろしをやっている暇があるかという意見もあるが、これだけ求心力を失った首相をいつまでも続投させていても何も進展しない。

たとえ不信任案が通らなくても、次の選挙まで与野党で現首相に変わる首班を指名し、震災復興管理内閣を作った方が早道かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.29

芝桜

昨日は魚沼市根小屋にある「花と緑と雪の里」で芝桜を見てきた。こんなにいっぱい咲いている芝桜を見るのは初めてだった。

ほぼ見頃だが今年は他の花と同じく開花が遅いらしい。そこから小千谷市の山本山高原に寄ってみた。今頃になって菜の花が咲いていた。

菜の花というのは連作が難しく(肥料によっては出来るが金がかかるらしい)、例年の半分の土地に咲かせて、毎年交代交代にする事にしたらしい。

信濃川や越後三山が見渡せる沢山パークでは年輩の人5~6人が写生をしていた。気候的には今が一番いいですね。

朝8時ちょっと前に出て、帰りの途中でお昼を食べ、家に帰って来たのが午後1時だった。それからゆっくりテレビを観る。この位が体力的にちょうどいい。
Img_2382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.27

生活パターン

今年の梅雨入りは昨年より早くなっている。昨日はリタイアしての初日だった。

健康保険の手続きや何やらで過ごし、今日は衣服の整理や散髪に行ったりした。

家に一人でいると、売り込みの電話やら、訪問販売が結構来る。なんかわずらわしいですね。

生活パターンの工夫みたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.25

サラリーマン生活に終止符

9月で満67歳になる私は今日で一応サラリーマン生活にピリオドを打った。

長い会社勤めでいろいろな事があったが、無事勤めを終わらせる事が出来て良かったと思っている。

一応と書いたのは、今までの経緯もあり、向こう一年間は月3回(半日程度)は会議に出向く事になる。

これから特に何をしようとは決めてないが、今までどおり趣味のカメラを楽しもうと思っている。いろんな所へ出かけてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.24

首相失格

金曜日と土曜日は夏日で汗ばむほどだったが、日曜日、月曜日は一転寒くなった。そのせいか少し風邪気味だ。

5月もあと一週間で終わりになる。私の感覚ではあっという間に過ぎた一ヶ月だった。

大震災から70日余りが過ぎ、昨日から「衆議院東日本大震災特別委員会」の質疑が始まった。

問題の震災翌日の海水注入中止が菅首相の指示であったかどうかについてはどうもはっきりしない。

真相はわからないが、はっきりしている事は菅首相が発災時から数日は興奮して、いきり立っていた中での各種判断、発言していたのは間違いない。

トップとしての冷静さに欠けていたように思う。最近の官邸は修正発言が多すぎる。首相失格だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.22

SL撮影

昨日はSLを追っかけまわした。心配した雨も降らずに済んだ。

まず磐越西線の「ばんえつ物語号」を日出谷付近で撮り、そこから只見線の「会津只見号」の撮影に西会津方面に向かう。

ばんえつ物語号はD51、会津只見号はC11の蒸気機関車を使用している。撮影が済むと直ぐに次のポイントにSLを追いかける。SLと併走したりもする。

どこも鉄っちゃんでいっぱいだ。ありとあらゆる県外ナンバーの車が並んでいる。運転は撮影に同行した会社の人に頼りっきりだった。感謝!感謝!です。

写真は併走する車の中から撮った。
Img_9450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.20

東京電力決算

東電が3月期決算で1兆2400億円余りの赤字を計上する。原発の補償費用や火力発電増加による費用が含まれていない(当然来期の費用となる)。

金融機関を除くと事業会社では過去最高の赤字となる。あまりにも金額が大きすぎて逆にピンと来ない。

それでも1兆5500億余りの自己資本があるので、今期は債務超過に陥らないが、先の費用が計上される来期は債務超過に陥る可能性もある。

GMやJALと違い、被災者補償と電気供給という問題があるので、簡単に法的整理も出来なく、支援機構のようなスキームで事業継続をするみたいだ。

発送電分離などまだまだひと悶着ありそうだ。原子力発電だけは国で行うべきと思うがどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.19

原発ニュース

最近、朝起きると原発で何かトラブルがなかったか気になるし、ニュースで再臨界(可能性は低いが)とか汚染水が海に流出とかが報じられないか心配になる。

一方、東電による新しい対策や建屋に人が初めて入ったとかのニュースを聞くとうれしくなる。

また原発のニュースが報じられる度に、それが工程表との関連ではどうなのかとすぐ考えてしまう。

どうも震災以来原発の虜になったみたいだ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.17

メルトダウン

福島第一原発の1~3号機ともメルトダウン状態になっているという。

メルトダウンという言葉を聞くと空恐ろしくなる。せめて炉心溶融と言ってくれ(笑)。由々しき事態だ。

「止める」「冷やす」「閉じ込める」が事故発生以来言われ続けてきた。

「止める」の核分裂は停止した。

「冷やす」は、水を注入し続けているが、原子炉圧力容器、格納容器の一部が破損し、汚染された水が建屋の地下に貯まり続けている。

だが注ぎ続けなければならない。循環システムが出来てない。もちろん冷温停止状態には程遠い。

「閉じ込める」にいたっては、今は放射能が洩れっぱなしの状態で、どうすれば閉じ込められるのか見当もつかない。考えると暗澹たる思いになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.15

田植え

今日は夏井のハサ木で田植えがあったので、その様子を見に行った以外は家でゆっくりしていた。

談志の田んぼをはじめ、他の田んぼはとうに田植えを終わっていたが、この催しがあるためこの田んぼだけを残しておいたのだろう。

老若男女、慣れない手つき田植えを行っていた。中には田んぼに足をとられてしりもちをつく人もいた。

手植えは人海戦術だということがよくわかる。
Img_1810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.14

那須高原

昨日と今日は高校時代の同級生が所有する別荘に同じクラスだった3人でお邪魔させてもらった。

昨夜はすき焼きを囲んで夜中の2時まで飲んでいろいろな話で盛り上がった。

那須はこの季節、ツツジがきれいだが、御用邸付近はまだ蕾の状態だった。やはり遅れているんですね。

でも新緑はきれいでマイナスイオンをいっぱい吸ってきた(^^ゞ。

那須高原は初めてで、私の所からだと距離にして250kmはあるが、秋にはもう一度行って見たい。
Img_1734

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.12

連立政権は不可能なのか。

民主党の政策が次々と変更や中止を余儀なくされている。原発を含めたエネルギー政策も白紙に戻る。

その他、子ども手当、高速道路無料化等々、民主党の政策理念が影も形もなくなろうとしている。

これは党内論議を相当しっかりやらないと、いつまで経っても党内のゴタゴタは治まらない。まだ統一地方選敗北の総括も行われてない。

震災対策も急がれる。一番の方法は菅首相がやめて復興対策を中心とした政策協定を結び、次の総選挙まで自公との連立を組みこの局面を立て直す事だろう。

菅首相の決断にかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.11

トキペア抱卵中止

トキのすべてのペアが抱卵を中止した。これで今年の自然界での雛誕生はなくなった。

これは確率の問題だと思うので、その点からいうと、まだまだ個体数(放鳥数)が少ないのだろう。

放鳥を継続し、来春に期待するしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.10

浜岡原発稼動停止へ

    森進一の港町ブルースの2番の歌詞に出てくる
      ♪港 宮古 釜石 気仙沼♪

の漁港は東日本大震災の津波で壊滅的打撃を受け、

   3番の歌詞に出てくる
     ♪港 三崎 焼津に御前崎♪

の御前崎にある浜岡原発が菅首相の要請で稼動を停止する。

停止に賛成する人は多いが、菅首相の要請はあまりも唐突すぎる。

法律上停止権限はないので、要請となっているが首相の言葉で公にされたからには指示に等しいだろう。

一応、地震津波対策が完了し、保安院のお墨付きが出るまでとなっているが、再開出来るかは甚だ疑問だ。

新潟県も東京電力の柏崎刈羽原発が7機も抱え、停止中の原発もあるので、全く他人事ではない。

今後の原発を含む電力政策は一体どうなるのか。ただ節電節電だけでは経済の発展はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.09

焼肉屋

生肉ユッケの死亡事故で大問題となっている。私も焼肉屋に行く事はあるが、ユッケは食べた事はない。

馬刺しも食べた事はないが大丈夫なんだろうか?。鳥のささみなら生姜醤油で刺し身で食べる。

この問題で焼肉屋も調理にはユッケに限らず、細心の注意を払うようになるだろうからかえって安心して食べられるかも。

食べ物を扱う店はこのような問題を起こしたら一発でアウトですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.08

ゴールデンウィーク終わる

家の周辺の田んぼはほぼ田植えが終わっている。これから新緑の季節になる。

昨日から孫が家に来ており、連休最後の二日間は孫のオモリだった。

ゴールデンウィークは天候の大きな崩れもなく、大体予定した通りで終わって良かった。
Dpp_0117
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.06

いもり池

昨日は池の平、妙高山の麓にある「いもり池」に行ってきた。

朝4時に家を出て、もう10時には家に帰って来た。

前日のバスツアーではまだ雪の残っている妙高山を車中から見ながら通過したが、今度は一人で自家用車で訪れた。

その妙高山は雲に隠れたりしていたが、晴れ間をみて撮影してきた。今は水芭蕉が咲いている。
Img_1372

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.05

越後丘陵公園

昨日は越後丘陵公園に孫達と行ってきた。この日は入園料無料で混雑していた。

駐車場も大分遠くに停めさせられたが、入園する所が料金を払って入る正式な場所より近くに設けられたので助かった。

孫達は滑り台など遊具で元気に遊び回っていた。園内は今はチューリップが咲いているがこれからは薔薇などが楽しめる。

パノラマで撮ってみました。クリックで大きくなります。
Dsc01075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.04

日帰りツアー

このところ一日遅れの投稿になっている。昨日は女房と長女と3人で日帰りツアーに行って来た。

NHK朝の連ドラ「おひさま}の舞台になっている安曇野と松本をまわるツアーだった。

予定では帰宅は夜の8時になっていたが、3時間も遅れた。ゴールデンウィークに加え、今話題の地なので目的地の駐車場へ入る道が大変な混雑だった。高速道路は勿論だ。

松本城の天守閣に上がるのが2時間半待ちというので、入城はあきらめて周りを散策していた。

写真はドラマの舞台にもなった日本最古の小学校である旧開智学校
Img_1246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.02

プラレール博

あっという間に4月が終わり5月になった感じだ。

昨日1日は孫達と新潟市内行われているプラレール博に行ってきた。

雨模様だったせいかものすごい人出で入場するまでに時間がかかり、会場内はごった返していた。

このような催しをやるにしては会場(新潟市産業振興センター)が狭すぎた。せめて朱鷺メッセくらいの広さの会場が欲しかった。

それでも孫達は入場まで並んでいる間も厭な顔一つせず、会場内でもプラレールに興味を示していた。大人の方が我がままですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.01

ばんえつ物語号

昨日は29日から土日と祝祭日に磐越西線を走る「ばんえつ物語号」の撮影に行ってきた。D51が牽引した。

五泉のチューリップを撮影してから、阿賀の里道の駅へ向かった。ここからは遠くになるが列車がとらえられる。

既に数十人のカメラマンがスタンバイしている。なかなか好位置を確保できない。

そこの撮影が終わってからダメもとで、列車を津川駅まで追いかけた。みんな考える事は同じで国道49号線を突っ走る。

津川駅で15分間停車するので、その時間になんとか間にあわそうと思っているのである。途中沿線で撮影を終えたカメラマンが点々としている。

出発5分前に到着した。駅のホームは人がいっぱいおり、ホームから100メートルの沿線にはカメラマンが待ち構えていた。

写真の出来は別として久しぶりにスリリングな撮影を楽しんだ。
Img_1216

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »