« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.30

健闘を讃えたい

日本のワールドカップサッカーも終わった。良くやったというべきだろう。このあたりが今の日本の実力なんだろう。ぶざまな負け方をしなくて良かったと思っている。PK戦で負けたのはしょうがない。健闘をたたえたい。

今更いってもしょうがない事だが、2対1の場面での本田のシュートだ。ゴール左に外れたが、あの時左サイドの大久保にパスを出して大久保に打たせるか、ワン・ツーで大久保からもう一度ボールをもらいシュートしていればと思った。

いや、あれは思い切り打ってよかったという意見も当然あるだろう。どちらにしても前から言われている事であるが、攻撃面がこれからの課題であることは間違いない。実はワールドカップが始まってからの一種の熱狂がこれで静まるのでホットしている面もある。これからはベスト8の戦いに入る。世界の一流プレーをじっくり客観的に観てみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.29

ブラジル強し

今朝は3時半からブラジル対チリ戦をみた。ブラジルの強さにびっくりすると同時に、世界一流のプレーに改めて感動した。今大会は南米勢が強く、チリも南米予選ではブラジルと互角に戦っている強豪国である。それが本番では3-0の完敗だ。

足元に吸いつくようなボールさばきとパスまわしの速さ、どれ一つとってもすばらしい。今日はブラジルはセットプレーで1点、流れるようなパス回しから2点をゲットした。ゴールシーンを見ているとバタバタしているところが一つもなく、いとも簡単にゴールを決める。

さて今晩は11時から日本対パラグアイだ。パラグアイも南米のチームなので、今朝のような試合を見るとビビッてしまうが、勝負は何が起きるかわからない。中継するTBSの赤坂本社はサムライブルーにライトアップするらしい。早起きしたので眠くなると思うが、見逃さないようにしたい。酒を飲み続けていれば寝る事はないだろう(爆死)。翌日の仕事が心配だが・・・・・(汗;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.28

財団法人日本相撲協会

相撲協会の野球賭博に関する特別調査委員会の勧告案が昨日出された。内容は関係した力士らと親方の処分などを条件に名古屋場所開催可能との勧告だった。それを受けて今日臨時理事会が開催された、勧告通り受け入れる事になった。正式には来月4日に決定する。

それで名古屋場所は開催される事になった。これで良かったと思う。ただ今後の事を考えると力士出身の理事長では無理ですね。今まで場当たり的に対処してきたが、これでは駄目なことがはっきりした。よい伝統は残しつつも、今の相撲界の仕組みを抜本的に改革出来る人を理事長にするしかないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.27

梅雨本番

今日は朝から強い雨が降り続いている。これからが梅雨本番になる。これだけ降るとどこにも出かける気がしない。午後からは爆弾低気圧も来ることになっている。さてどれだけ平穏な日曜日が過ごせるか・・・。Img_2584

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.26

高速道路無料化社会実験

今日はTさんに運転してもらい山形の羽黒山に撮影に行ってきた。羽黒山は初めてだった。五重塔や神社までは直ぐ近くまで車で行ける。村上までは行く事はあるが、その先はあまり行く事はなく、県外といえば長野方面や福島方面に行く事が多かったので良かった。でも日本を縦に走るのは長いですね。

日本海側の高速道路は荒川胎内までは延びたがその先がないんですね。28日からその新潟中央⇔荒川胎内の間が無料化社会実験の対象になっている。新潟県内では無料化はこの区間だけだ。実験期間は来年3月までだが、さてどのような結果が出るのだろう。
Img_2554

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.25

日本決勝トーナメントへ

今朝は3時に起きて、30分位ウィンブルドンテニスを観て、サッカーに切り替えた。日本の快勝。岡田監督がインタビューで組織の勝利と言っていたが、今日のサッカーをみて本当にそう思った。第一戦のカメルーン戦の勝利がやはり大きかったですね。

さあ~決勝トーナメントではこの組織(ディフェンス)が機能するのか興味があるし見るポイントの一つだと思う。日本は最小失点に抑えるのが勝利の必須条件だ。攻撃面では今日みたいにセットプレーでの得点の可能性が一番大きいだろう。これで本人が受けるかどうかわからないが、日本代表監督は岡田続投で異論はないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.23

携帯情報端末

iPadがiPhoneやiPodをしのぐ売れ行きらしい。iPhone4も予約が殺到して予約を中断している。私はiPadはそんなに売れないだろうと予想していたが完全に外れた。というのはスマートフォンとパソコンの中間に位置するもので、中途半端ではないかと思ったからだ。

私はどの商品も持ってなく、使ったことがないのでなんとも言えないが、機器だけでなくアプリなどの配信システムとセットになっているのが強みなんだろう。この分野では独走状態で対抗馬がない状態だ。

とは言っても今から持とうとも思わない。家と会社ではパソコンがあるし、ゲームはやらないし、出張に出かける事もなくなったので携帯する必要もない。要は使い道がないのだ。それよりLUMIX GF1やNEX-5のような手軽に持ち運べる一眼レフカメラが欲しい(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.22

裏磐梯

先日一人で裏磐梯を回ってきた。日帰りはキツイと思ったので一泊した。今までは紅葉と雪の時にしか来てなかったので、新緑の裏磐梯の湖と達沢不動滝、小野川湖不動滝を一度撮りたかった。重いカメラと三脚をかついで雄国沼や滝、中津川渓谷の昇り降りはきつかったが、大分いい汗をかいたのでホテルの大浴場に入ってから飲んだビールがうまかった。裏磐梯は最低年に3回は行って見たいところですね。

写真は達沢不動滝。
Img_1871

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.21

夏至

今日は二十四節気の一つ夏至にあたる。北半球では昼が最も長く、夜が最も短くなる日となる。私は写真を撮る関係上、日の出、日の入り時間が一番気になる。今日の新潟県の日の出は4:22、日の入りは19:10分となっている。これが九州だと日の出は40分、日の入りは30分以上遅い時間となる。

この時期、朝焼けを撮ろうとすると相当早起きして出かけないといけないし、夕焼けは遅い時間になるので晩酌に響いてくる(笑)。これから徐々に日の出は遅く、日の入りは早い時間になってくるので、写真を撮る身としてはうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.20

父の日

今日は父の日。娘達からプレゼントをもらった。お酒など、飲んだり食べたりしてしまえばそれで終わりというものじゃなくて、日常頻繁に使う衣料類は長く使えるのでありがたい。それよりも何よりも心遣いがうれしいですね。サンキュー!。

アメリカでは国民の休日に制定されているそうですね。母の日の花がカーネーション。父の日の花はバラ。バラといえば私にとっては撮影対象のなにものでもないが、もうそろそ終わりですね。
Img_1728

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.19

この負けはヨシとしよう。

先程、日本対オランダのサッカーが終わった。やはりオランダには歯がたたなかった。3点差ぐらいで負けても仕方がないと思っていたが最小失点差だったからヨシとしなえればならないだろう。全ては次のデンマーク戦だ。ここまで精一杯やってきただけに気力が衰えなければいいと思っている。早朝は全米オープンゴルフ、夜はサッカーで締めくくった一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.18

レイカーズ、ファイナルを逆転勝ち

ああ~やってくれた。NBAファイナル、レイカーズが地元ロサンゼルスで逆転し、2年連続ファイナルを制した。やはりホームでは声援が違うし、選手の士気が違うんですね。これで一安心(笑)。アメリカの人はこれでワールドカップサッカーに集中できると思ったら全米オープンゴルフが始まった(笑)。こちらに注目が集まるんだろう。こちとらはテレビを見るのが忙しくなってきた(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.16

期待の新人がMLBデビュー

MLBナショナルズにものすごい新人投手が現れた。スティーブン・ストラスバーグ投手(21)だ。デビュー戦でいきなり14奪三振で勝利を飾った。ドラフト1位指名で年棒はいきなり4年総額で14億円(1年3.5億円)というからびっくり。それより何より166キロの球速を記録した。テレビのニュースでちょっとみたがものすごく速い。

えてして球の速い投手はコントロールが悪いのだが、コントロールもいいみたいだ。あの名捕手ロドリゲスが「多くのボールを受けてきたが、この若者は信じられない」と言っている。ナ・リーグなのでイチローや松井と対決する機会は少ないがインターリーグであたるかも知れない。また楽しみな選手が現れた。

今日で北海道を除く日本全国が梅雨入りした。テンプレートも「みずたまり」に変更しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.15

日本初戦を制す

日本はカメルーンに勝って勝点3を獲得した。まずは第一関門をクリアーした。昨夜はオランダ対デンマーク戦も見た。2試合続けてサッカーを見る事はめったにない。前の試合を観た直後だっただけに、どうしても比較したくなるし違いが直ぐわかる。勝ってケチをつけるわけではないが、パスの正確性やボールコントロールなどは前の試合と比べて雲泥の差があった。

確かに高地ということもあり、蹴ったボールが予想以上に伸びたりしたことを差し引いても、前の2国とのレベルの違いがはっきりわかった。正直、見ていて面白いという試合ではなかった。日本戦でなければとっくに寝ていただろう(笑)。カメルーンも大したことないですね。これでカメルーンの予選リーグ敗退は決まったようなものだ。日本では松井選手が良かったように思う。

さて次は土曜日、オランダ戦になるが今度は観ていてわくわくする様な試合を期待したい。引き分ければ決勝トーナメントも見えてくるがさてどうなるか・・・・。NBAは私の期待に反し(笑)、セルティックスがファイナル優勝に王手をかけた。地元ロサンゼルスに戻りレーカーズが逆転できるか。こちらも気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.14

初戦が大事だ!

さて、今晩はサッカーの日本対カメルーン戦を見なければならない。どうも朝と違って夜は苦手なので、寝てしまわないようにしないといけない。ところでテレビを見ていると解説者に日本が所属するグループでの勝敗予想を聞いているが、あれはやめた方がいいと思う。いくらなんでも日本が負けるとはテレビの前では言えないだろう。

予選リーグの場合は引き分けがあるので、負けると思っても引き分けにしている。こんな予想は意味がない。それにしてもこのワールドカップの結果次第によっては今後のJリーグの人気に大いに影響する。ぶざまな負け方をすれば、サッカー人気が落ちる事はまず間違いないので、そういう意味においてもこのワールドカップは大切な戦いとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.13

ワールドカップサッカー

今朝は早く起きてワールドカップサッカー、イングランド対アメリカ戦を見た。イングランドはゴールキーパーの凡ミスで同点にされ、結局引き分けだった。イングランドに勝って欲しいと思いながら見ていたので、このイージーミスには少々腹が立った。

今アメリカではNBAのファイナル(今日現在2ー2)が行われており、サッカーよりはそちらの方に大方の関心が行ってると思うが、それでもワールドカップとなると少しは注目しているかもしれない。アメリカにとっては引き分けで満足だろう。

結果が分かっている試合を録画で見るのでは興味が半減する。なるべくLIVEで見たいので、早朝あるいは夜中にサッカーを見る事が多くなる。寝不足での運転に注意しないといけない。今晩、11時頃にはやぶさが帰還する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.12

ミニクラス会

昨日は、銀座松坂屋別館で書玄社現代書展(書道展)に高校の同級生が出展しているので、同級生9人とそれを見て、その後ミニクラス会とあいなった。今日は孫の面倒をみないといけないので日帰りしたが楽しい一日だった。みんな相変わらず元気で、気持ちが若い。私も老け込んでいられないと改めて思った次第だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.10

はやぶさ

昨日、JAXAが「はやぶさ」の最後の軌道修正に成功した。オーストラリアへ落下する軌道を幅20キロ、長さ200キロに絞り込む精密誘導が完了。が。13日の夜には日本からでも望遠鏡で見ることが可能らしい。カプセル回収チームは既にオーストラリアで待機している。今晩(10日)のNHKクローズアップ現代でも、「はやぶさ」の宇宙大航海が取り上げられる。

このようなニュースを聞くとわくわくする。今、このブログの最近購入した本にある{宇宙「96%の謎」}という本を読んでいるが宇宙はわからないことだらけなのだ。このイトカワは小惑星誕生の一端を明らかにしてくれるかもしれない。そしてはるか彼方の惑星から試料を採取して帰還するという科学技術のすごさには驚くばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

脱小沢って一体なんだ

菅新内閣が発足した。マスコミは脱小沢、非小沢、反小沢あるいは親小沢と盛んに報じている。前にも書いた通りいい加減にうんざりしている。それだけ小沢前幹事長の存在が大きかったという事なのだが、まるで前幹事長がなにかものすごく悪い事を推し進めて来たかのようだ。

例えば政調会の廃止にしても鳩山前首相も政策決定を内閣に一元化するという事で賛成していたはずだ。決して前幹事長が一方的に強引に進めたという事ではない。絶対的権限を持つ首相の指導力、決断力がなかっただけではないか。鳩山前首相の事は殆ど問題にしない。

脱小沢って一体なんだ。クリーンな政治って一体なんだ。抽象的な話ばかりだ。政調会廃止、陳情を幹事長室に一元化することだって、枝野幹事長の言うように一定の合理性はある。問題のところを改めればいいだけの話だ。それがどうして脱小沢というふうになるのか私にはさっぱりわからない。あまりにも小沢前幹事長を悪者扱いにする風潮が問題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.07

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還

小惑星探査機「はやぶさ」が13日が帰還する。とは言っても大気圏突入の時にカプセルを切り離し、はやぶさ本体は燃え尽きるが、カプセルがオーストラリアの砂漠に着地する予定だ。カプセル内には小惑星「イトカワ」の岩石試料が入っていると思われる。

途中いろいろなトラブルに巻き込まれながらそれを乗り越え地球に帰還できるのだから、日本の技術水準の高さに改めて驚く。たとえカプセルに試料が入ってなくても、カプセルを回収できるという事は大変な技術力だ。カプセル回収のニュースが待たれる。JAXAの関係者は緊張の一週間になるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.06

全ては参議院選挙の結果次第

鳩山首相辞任後、政治に関する番組を観ていていい加減に厭になった。何かと言えば脱小沢、非小沢ばかりだ。菅新政権がいかに小沢色を消せるかという話ばかりだ。自民党は小沢憎しの一点張り。小沢氏は相当腹わたが煮えくりかえる思いでいると思うが、9月の党首選まではじっとしているのだろう。全ては参議院選挙が終わってからだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.05

NBAファイナル

昨日からNBAファイナル、ロスアンゼルス・レーカーズ対ボストン・セルティックスが始まった。ゲーム1はホームのレーカーズが102-89で制した。私はフィル・ジャクソン率いるレーカーズの2連覇を期待している。昨日は休みだったのでじっくりテレビで観ることが出来た。

中心はなんといってもスーパースター、コービー・ブライアントだ。昨日も30得点をあげ存在感を示した。あのブルズのマイケル・ジョーダンを見る思いだ。その時のヘッド・コーチはフィル・ジャクソンだった。ヘッド・コーチもブライアントとジョーダンを重ねてみていると思う。

あとはフォワードのガソルのリバウンドがすばらしかった。ブライアントがマークされる分だけガソルの存在が大きくなる。セルティックスの事については後日書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.04

民主党代表選に思う

民主党代表選に樽床伸二議員という、私は今まで一度も名前を聞いた事も見たこともない人が立候補したのには驚いた。菅氏の場合は何度も代表選に挑戦し、代表としての心構えがあったと思うが、氏の場合はどうなのだろう。ただ若返りだけではどうしようもない。なんで前原氏や岡田氏は立候補しないのだろう。このあたりが問題だ。

今日、代表選と首班指名そして組閣までいけるわからないが、菅氏の当選は間違いないだろう。私の注目は幹事長と官房長官だが、もう一つ、党の政策調査会が復活するかどうかだ。そして政調会が復活した場合、会長が今の仙石国家戦略相のような立場で入閣するようになるかだ。こうなれば党と政府の風通しも良くなると思うのだがどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.02

鳩山内閣総辞職へ

鳩山首相が小沢幹事長と共に辞任した。昨夜の報道では首相は続投に意欲というのが大方の見方で、首相はぶれないとか意外と神経が太いとか、あまり物事を深刻に考えないとかの憶測が飛び交っていたが、私は首相の性格は本当にそうかなあ~と疑問に思っていた。
昨日、一昨日と小沢幹事長、輿石参議院会長との会談は、今日の両院議員総会の地ならしだったんですね。それなら納得がいく。憶測は的外れだった事になる。

これからは後任の首相と幹事長に注目が集まる。そして誰がなっても小沢氏がまたぞろ後ろで糸を引くのでないかと至極当然のごとく言われる。いつでも小沢氏は悪者扱いされる。確かに金の問題はあったが、種々雑多の集まりである民主党をここまでまとめてきたの小沢氏の力である事は間違いない。私はスゴイ幹事長だったと思う。

さて、首相辞任の最大要因が普天間であったが、私はまだ民主党政権は国民から見放されたとは思ってない。まだ政権交代から8ヶ月しか経ってない。誰が後継の首相、幹事長になるにせよ、これからの政権運営次第だ。子供手当て他、これから22年度予算が執行され、成長戦略、財政再建の見通しさえしっかり示せば、また支持率は回復すると思う。普天間だけが政治ではない。

野口宇宙飛行士が無事帰ってきた。ソユーズはローテクだが、安全性、信頼性はピカイチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.01

もう何をやってもダメだ

宮崎が口蹄疫で大変な事になっている。家畜農家にとっては死活問題だ。首相が宮崎を訪れたが、なんで今更という感じで現場はいらだっているらしい。2時間弱居て帰ったが、中途半端な事をするとかえってダメだ。落ち目になると何をやってもよく受け取ってもらえない。

何かを要望しても本当に首相はやってくれるのだろうか?ととられてしまう。ここでも普天間での言行不一致の影響が出ている。ここまでくると政策とか金の問題ではなくなってしまっている。もう首相が交代するしかないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »