« 高血圧 | トップページ | 松井選手エンゼルスへ »

2009.12.15

天皇の国事行為

天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例的な会見を巡って、1ヶ月ルールを破った事にどこの新聞も批判的だが、小沢幹事長が反論したように、別に法律ではないのだから、柔軟に運用すればいいではないかと私なんかは単純に思うがどうなんだろう。天皇を政治的に利用したという意見も全く的外れだ。今時、天皇を政治手利用しようなんて思う政治家は一人もいないだろう。

一ヶ月ルールの特例として会見をセットした事がどうして政治利用になるのか私にはさっぱりわからない。天皇の国事行為は内閣の助言と承認に基づき、内閣が責任を負うからだ。前に岡田外務大臣が天皇の国会での開会式のお言葉がいつも同じでいいのかという発言した時も、すぐに反発があった。あの時も何が問題なのかよくわからなかった。

これが先例となって、歯止めがかからなくなると心配する向きもあるが、それはケースばいケースで時の内閣が判断する事だろう。それだけの話だ。それより問題なのは内閣の一員である宮内庁長官が反対を外に向かって発言した事だ。小沢氏の言うとおり辞表を出してから言うべきだ。小沢幹事長の反論の方が筋が通っていると思う。

|

« 高血圧 | トップページ | 松井選手エンゼルスへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31701/47029218

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇の国事行為:

« 高血圧 | トップページ | 松井選手エンゼルスへ »