« オーバーホール | トップページ | 手帳 »

2006.11.25

記憶のらくがき

今日、新潟市内に在住する私の叔父さんから冊子小包の郵便物が届いた。叔父さんが古希(70歳)を迎えのを機会に70年の過去の記憶をたどりながら書きとめてきたものを、80歳になった今、「記憶のらくがき」という小冊子(81ページ)したものだった。
Img_0615_2
まだサーと目を通しただけであるが、私の曾祖父(叔父さんの祖父)の時代からの事が書いてあり、兄弟の事、そしてご自身の少年時代から70歳になるまでの事が記されている。

よくこんな事まで記憶されていたんだな~と驚くことばかりである。そういえば叔父さんと会うと、よく昔の事などを聞かされたものである。叔父さんは他人にしゃべることにより、記憶が消失しなかったのではないか?

今は亡き私の父親の兄弟で、この叔父さんが一番年下(80歳)で、その上に3人が元気でいる。いつもお会いする度にびっくりするのだが、長生きする家系なのかも知れない。先日、旧友の自分史の事を書いたが、私にはこんな事ができるのかなぁ~とつくづく思う。

|

« オーバーホール | トップページ | 手帳 »

コメント

>takuさん、おはようございます。

「記憶のらくがき」という題名、私も気に入っているんです。私は古希までにまだ大分年数がありますが、迎えたら一つ考えてみますか(笑)。

投稿: くろちゃん | 2006.11.26 06:40

「記憶のらくがき」素敵な 題名ですね
そっと 覘いてみたくなりました
くろちゃん様も 何年も「気まぐれ日記」
続けて いらしゃる お父様や叔父様の
DNAを 受け継いでいらしゃるのですね
これから 20年先に「きまぐれ日記」を
小冊子にしましたぁ~~と 書き込みが~
なんて 一人想像して 楽しくなしました(^o^)
20年先写真を添えて・・・(*^o^*)(*^o^*)
待っています

投稿: taku | 2006.11.25 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31701/12817607

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶のらくがき:

« オーバーホール | トップページ | 手帳 »