« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.28

民主党メール問題

誠にお粗末極まりない。永田議員がいわゆるガセネタをつかまされ
それを材料として予算委員会で追求し、あげくのはては、これ以上
メールの信憑性を証明できないとして謝罪した。
大分古い話になるが、私も60年安保で当事の岸首相と社会党議員
との予算委員会でのやりとりなど、その頃(まだ高校生)から興味が
あり、通常国会での総括質疑にはいつも注目しているが、こんな失
態は記憶にない。昔は爆弾質問をする議員として、社会党の楢崎氏
や大出氏などが有名であったが、それなりの裏付けのある資料をも
とに鋭く追及したものである。

今度の材料は即座に小泉首相にガセネタと決めつけられ、それ以上
一歩も前に進めないでこの始末である。功をあせったのかしらないが
あんなメールで、さも1級のネタをつかんだかのような質問がよくでき
たものである。前にも書いたが、私は小沢一郎氏の考え方に共鳴し
一度は総理大臣をやって欲しい人物と思っているが、所属する民主
党がこのていたらくでは、政権交代などちゃんちゃらおかしい。

執行部はもっとしっかりしてもらわなくてはならない。これではせっか
くの追求材料としての、いわゆる4点セットもあったものではない。
民主党にしっかりしてもらわなければ、日本は良くならないのだから
きちんとケジメをつけて再出発してもらいたい。あまり腹がたつもの
だから、久しぶりに政治に関するテーマを投稿した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.26

観劇

今日の日曜日、東京芸術劇場中ホールで妻と2人で観劇してきた。
ミュージカルコメディの「OHダディ!」というサッカーでおなじみの
川平滋平主演の作品である。サッカーボールを操るシーンもあった。
「いいんです」 我々のお目当ては高嶺ふぶきですから。
この劇場は一昨年にきている。作品自体はたわいの無いものであっ
が、女房は久しぶりにゆきちゃんを観られてよかったと言っている。
感想は後日、観劇日誌にアップしたいと思う。今月はロンドンでも観
ているので、なんとも忙しい2月だった。あと2日を残しているが、あっ
という間に2月が終わる感じがする。
IMG_4414

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.25

フィギュアエキジビション

ロシアのプルシェンコのエキジビションはすばらしかった。バイオ
リンの演奏でステップ、ジャンプ、これぞフィギュアの最後をかざ
る迫力のある演技だった。アナウンサーの刈屋さんも驚嘆の声
を出していた。フィギュアはこのエキジビションがあるのがいいで
すね。世界のトップの演技のすばらしさを堪能させてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.24

荒川おめでとう

ついに日本に待望のメダルがもたされた。それも金だからすごい。
今朝から女子のフィギュアを見ていて、オリンピックという舞台は
やはりすごいと感じた。毎年NHK杯などグランプリシリーズをみて
いるが、完全に雰囲気の違いを感じる。テレビで観ていてもハラハ
ラするのだから、競技者のプレッシャーは相当のもなんだろうと容
易に想像がつく。

私の予想は先日のブログで書いたとおり、メダルは荒川だろうと
予想はしていた。まさか金メダルとは思ってもみなかった。スルツ
カヤが一歩抜き出ている
と思ったが、ロシアはまたしても女子の
金メダルを逃した。
荒川のよかった点は私の感じではシンプルしなやかさではな
いかと思う。コスチュームもシンプルでよかった。開会式でパバ
ロッティが歌ったトゥーランドットの曲にのった流れるような見事な
スケーティングが彼女の持ち味ですからね。
コーエンが回転を失敗した時は、ヨシ!と思わず手をたたいてし
まった。

そして競技には関係ないことであったが、テレビ放送のアナウンサ
ーがNHKの刈屋さんであったのもよかったですね。GPファイナルを
観た昨年もそれに関することを書いていた。テレビで観るものにと
ってはあまりしゃべりすぎるアナウンサーは特にフィギュアーにおい
てはダメだ。

安藤は出られないがエキジビションも見たいですね。こちらは気楽
に楽しんでみられる。本番とは変わったスケーティングが観られる
かも。私はロシアのプルシェンコが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.02.22

風邪をひいた

一昨日あたりから、風邪をひいたらしく、咳と鼻水が止まらない。
そして、今日は朝の4時から女子フィギュアのテレビを観ていた
ので、眠い上に体調がよくない。今日は特に書くこともなかった
ので、観劇日誌の方を久しぶりに更新した。フォト日誌もね。
それにしてもフィギュアのフリーが楽しみになりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

女子フィギュア

いよいよ明日の未明から女子のSPが始まる。安藤美姫には絶対
にフリーでは4回転に挑戦して欲しい。私は6割は失敗する確率が
多いと思うが、飛ばなかった後悔をひきずるよりはいいと思う。
3人とも最初のSPで上位につければ、金メダルは別としても誰かは
メダルの可能性はある。私の予測は荒川が一番有力なのではない
かと思う。
今晩は名古屋のホテルだが、これから寝て、出来たら3時頃起きて
見ようと思う。風邪で咳が出ているが、5時間も寝れば十分だろう。

昨日、NBAのオールスター戦があったのだが、 ビデオをとるのを
忘れていた。例年だと夜に再放送があったのだが、オリンピックの
為、それがなかったのが残念である。いつか再放送してくれるだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.20

レンタル携帯電話

海外旅行する人は海外で使用できる携帯電話をレンタルして出かけ
る事が多いと思うが、私も今回のロンドン行きはレンタルした。
パソコンか携帯電話で申し込むと1日105円で無料の宅配で受け取
るか、空港で受け取るか選択できる。返却は到着空港で出来るので
手間がかからない。国内で使っている電話機のFOMAカードをレン
タルした電話に差し込んで使えば、同じ番号とアドレスで使える。
登録してある他人の電話番号やアドレスはFOMAカードにコピーして
おけばいい。

昨年の9月にイギリスに行った娘は私がレンタルしたのと同じ電話に
機種変更(購入)してもって行ったのだが、私達が帰国した直後に紛
失してしまった。そこで代わりのものを送らなければならないのだが
帰国が6月末なのでレンタルして郵送することにした。新しい物を買
うより計算すると大分安上がりになる。電話機を紛失しているので、
レンタル料の他に、FOMAカードだけは新規に購入(3000円)しな
ければならない。

そんなわけで、今月はレンタル携帯電話にお世話になる月になった
返却する時はFOMAカードを抜いて自分の携帯に差し替える事だけ
はお忘れなく。

*フォト日誌を更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.19

ラクビー日本選手権

東芝府中対早大をテレビで見た。学生史上最強と言われた早大も
王者東芝には歯が立たなかった。でも18年ぶりにトップリーグ4強
のトヨタ自動車を破り、この日本選手権を盛り上げた早大は立派だ
った。学生は4年になれば卒業して、毎年メンバーが入替るだけに
社会人に勝つのは容易な事ではない。

清宮監督も今年で早大を勇退する。しかし、五郎丸他まだ2~3年
生にいい選手が残っているので、来年も大学選手権は期待できる
のではないか。ことしは雨中の早明戦を国立でみたが、来年もでき
れば見に行きたいと思っている。
今日の試合を見ると東芝府中が日本選手権、トップリーグ、マイクロ
ソフト杯の3冠を制する気配が濃厚である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.18

マッサージ

先日16日の名古屋出張の時に疲れがたまっていたので、久しぶり
に、ホテルでマッサージを1時間頼んだ。やはり、背中と足が相当凝
っていると言われた。そしてどういうわけか、マッサージ慣れしていま
すねと言われた。どうしてわかるのか訳は聞かなかったが、慣れて
いるのは間違いない。随分疲れが取れたような気がする。
今月中に家から遠くないところにある「よりなれ」という温泉に行って
ゆったりと湯につかって疲れをとりたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.17

男子フィギュア

今朝4時半に起きて男子フィギュアフリーをLIVEで見た。
高橋大輔は最後の演技なので、大分待たされたが、予想通りロシア
のプルシェンコが他の選手と格段の実力の違いを見せつけてオリン
ピックで初の金メダルをとった。今までは同じロシアで好敵手ヤグニ
ンと常に熾烈な争いを繰り広げ、オリンピックでは銀に甘んじていた
が、今回は他の選手との差があまりにもはっきりしていた。

日本の高橋はこんなものでしょう。オリンピックはそんなに甘くはない
ことを身をもって感じたことでしょう。オリンピックの出場権をめぐって
織田との争いが話題となったが、世界にはまだまだとう感じがした。
だいたい放送などは騒ぎすぎだ。

次は女子だが、これもロシアのスルツカヤが一歩抜き出ていると
う。銀と銅をめぐって日本の3選手がどこまでやれるかだが、最低
一人はメダルを出来るのではないか。
仮定の話になるが、私は浅田真央が出ていたとしても、スルツカヤ
には勝てないと思っている。(いらぬ事かもしれないが)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.02.16

ロンドンの地下鉄

今回のロンドン旅行ではどこへ行くにも地下鉄を利用した。テロ事
件があった世界一長い歴史をもつ地下鉄である。Tubeと呼ばれ
るように、構内の形も、電車も車高の低い、丸い形をしており、タイ
ヤのチューブのようにどこを切っても丸いのでこの名がついた。
この地下鉄を利用してみて日本の地下鉄との違いがいくつかあっ
たので、それを書いてみた。

 1.自動改札機は入れた切符を取らないと扉が開かないようにな
   っており、切符の取り忘れが絶対にない。

 2.昇降するエスカレータは地下深く地下鉄が通っているため、
   相当長いが、動くスピードが結構早い。東京のはイライラする
   くらい遅い。こちらはまったくストレスを感じない。
   エスカレータに立つ人は右側に並んでいる。左が追い越して
   いく人のために空けてあるが、その早いエスカレータでも急い
   で左側を降りていく人が結構いた。

 3.切符(乗車券)の購入方法はいろいろあるようだが、今回私
   たちが使ったのは1日券で決められたゾーン内ならどこの駅
   にでもいけるものだ。2階建てのバスもこの券が使える。
   これは非常に便利だ。ただしゾーンを越えて乗ってしまうと
   日本のように乗越し分を精算するというわけにいかず、罰金
   という形で相当の額とられるようだ。

 4.基本的に時刻表というものはないようだ。待っていれば3分
   おきくらいに来る。

 5.行先表示は日本とは違ってわかりにくい。ライン名、方面、
   最終駅までの表示があり、歩いてる途中に線路図があるの
   で、確認しながら東西南北どちらの方面に行くのか頭に入れ
   て歩かないとわけがわからなくなる。

 6.古いだけあって、車両も駅構内もきたない。

総じて、ロンドンの地下鉄システムの方が東京などより便利でいい
ように思う。こんなところで、今回のロンドン行きの投稿は終わりに
する。

トリノオリンピックの事や、また先日はラクビーで早大がトップリーグ
のトヨタを破る大金星をあげた事などもあり、感想を書きたかったが
ロンドンの投稿が優先してしまった。早大の次戦は日本一の東芝府
中なので、どこまで善戦できるか興味を持っている。
トリノは日本のメダルはフィギュア女子に期待するしかないのかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.15

ロンドンから帰国

昨日の午後四時成田に到着した。トランク類は宅配便で郵送したが
カメラやレンズの入ったバック(リュック)は壊れる危険があるので、
重いが仕方なく担いで帰った。所有するレンズをすべて持っていった
が、殆ど一つのレンズしか使わなかった。こういう旅行の写真はどう
しても、名所を背景に人物を撮る事が多くなるので、そんなに多くの
レンズを持って行く必要はなかったですね。荷物にもなるし、極端に
言えば、コンデジでも十分ですね。絵葉書等にある観光写真をとって
も仕方ないですしね。(今回は一応撮ってきたが)

東京駅で、妻の弟さんと待ち合わせをし、寿司と酒をご馳走になった
日本酒やさしみなどはロンドン滞在中は口に出来なかったので、そ
の美味かった事。やはり日本の食べ物はイギリスと比べて断然うま
いとつくづく思った。
ロンドンでは朝食はホテルで食べるのでよかったのだが、毎日昼食
と夕食に何を食べればいいのか、値段の事も考えて本当に悩んだ。
殆どマクドナルド、イタリア系のものになり、日本の2倍の値段。安い
ところを探すのに一苦労した。一つの例として、娘がおにぎりを2個
買ったが、日本円で450円位だった。

イギリスはポテトが主体の国で、野菜類はスペイン等からの輸入に
頼っているようだ。妻が娘が日本にいた時に好きだった料理をつく
るので、近くのスーパーで豚肉、キャベツ、レタス、にんじん等の食
材を買い作ったが、日本のものと違うため、全然違った味になった
私はビールとワインは結構飲んだが、ビールは地ビール系のもの
が多く、これも日本のビールの方がいい。
次回はロンドン市内の乗り物である地下鉄、バスについてちょっと
書いて見たい。まだ時差ぼけが若干あるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

ロンドン4 日目

今日はロンドン最終日。朝から帰りの荷物支度をしてチェックアウト。帰りのフライトはこちら時間19時なので、荷物はホテルに預かってもらい、市内見学にでる。シャーロックホームズというパブに入ってビール、ウィスキーを飲みながらお昼を食べる。ロンドンは物価が高い。それと食べるものには苦労した。だいたいの物が日本の2倍以上するし、これといってうまいものがない。日本に帰ってからゆっくり感想を書いてみようと思う。さしみが食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.13

ロンドン3 日目

今日は朝からあいにくの雨になった。小雨だが、こちの人は傘をほとんどささないで歩いている。フードをかぶっている人はいる。私達は折りたたみ傘をさしてロンドン塔、タワーフリッジ、ロンドンブリッジなどをまわった。さすがに眺めは抜群であったが、雨で写真が思うように撮れなかったのが残念。それから娘が三人でシェアーしているフラット(一軒家)まで二階バスだ。そして妻は料理を作らされる始末だった。今日も相当歩き、地下鉄、バスを乗り継いだので、相当体にはこたえている。妻はロンドンまで来て料理を作るとは思わなかったと言っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.12

ロンドン2 日目

昨夜は夜中の1時頃に目が覚めてしまい、それからはうとうとしてあまり眠れなかった。時差と外国という事で興奮していたのだろう。午前中はバッキンガム宮殿をはじめとして、地下鉄の利用とロンドン市内を歩きまわって見学した。。どの建物もすばらしく、日本のオフィスらしき建物はほとんどない。公園もすばらしく、これが春か秋だったらどんなに良かっただろう。午後はオペラ座の怪人の舞台をハーマジェスティ劇場でみた。その感想は帰国後、観劇日誌に書いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

ロンドン到着

やっとロンドンのホテルに着いた。新潟から思い荷物を持ち、12時間も飛行機に乗ったので、疲れはてた。今晩は2ヶ所位見学して、今日はゆっくり寝て、明日から行動だ。今晩はまずは疲れをとろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.09

明日からロンドン

本日から有給をとって、今、成田全日空ホテルに妻と2人でいる。
結婚35年には海外旅行と考えていたが、三女が昨年の9月から
イギリスに行っているので、1年早いが、こういう機会にと思い、
明日、全日空の直行便でロンドンに行ってくる。時差は9時間。
娘がどんな生活をしているのか家も見てきたいし、ロンドン市内と
その周辺を見学してこようと思う。日本時間で14日午後4時頃の
帰国予定になっている。2月14日は結婚記念日です。

行ってからの予定は「オペラ座の怪人」の舞台を観るのが決まっ
ているだけで、その他の事は娘に予定を立てるようにいってある
ので着いてからの事になる。もっとも、英語がしゃべれないので、
娘の5ヶ月間の経験(英語力と地理)に頼らざるを得ない。
ロンドンから、ブログに投稿出来るかわからないが、もし可能なら
毎日投稿したいと思っている。写真も名作(迷作)をいっぱい撮っ
てきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリノ五輪

明日10日トリノオリンピックが開幕する。ところが翌日にイタリア議会
が解散し、総選挙に入るらしい。ベルルスコーニ首相はオリンピック
どころではないらしい。なんともめぐり合わせが悪い。
私は、現地時間で10日から13日までロンドン滞在なので、時差が
あまりなく、競技の様子をテレビ観戦できるかもしれない。どこで見よ
うが、やはりオリンピックは楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

睡眠時無呼吸症候群

こんな記事を見つけた。私もどうも該当しているようだ。今始まった
事ではないが、よく妻に寝ている時に呼吸が停止していると言われ
る。酒を飲んだ時と飲まない時の違いではないかと思ったが、それ
には関係ないようだ。そして運転中に妙に眠くなる時がある。

夜の睡眠中に無呼吸のまま、死亡したり、居眠り運転で大事故が起
こさないか、こんな記事を読むと心配で怖くなってくる。
昨年、医者にこの事を聞いた時は、ハハと笑って特にどうすれと言う
事もなかった。今年の健康診断の時にまた聞いてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

久しぶりの除雪

昨晩の降雪で、久しぶりに除雪車が出たので、例によって車庫や
玄関前に押しやられた雪を取り除いた。幸い日曜日だったので、
外が明るくなってから、時間も気にすることなく出来た。さらさらした
雪で、作業自体は割りと楽にできた。
津南町では気象台観測史上初めての4メートルを越えたそうだ。

青空で家から見た弥彦山がなんかきれいに見えたのと、カメラを
持出し手持ちで撮ってみた。
IMG_4289

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.04

マルチナヒンギス

東レパンパシフィックのシャラポアとヒンギスの試合をテレビで見た。
美女対決、新旧のスター対決で注目したが、ヒンギスが圧勝したの
には正直言ってびっくりした。
精神的にヒンギスの方がゆとりがあったとはいえ、テニスの格の違
いを見せつけられた思いだ。まだまだメジャーを狙えるのじゃないの
かな。一方のシャラポアはまだメジャーを確実に勝てるだけの実力
はつけてないですね。

これから全仏、全英、全米とメジャーの戦いがあるが、ヒンギスには
どれか一つ勝ってもらって復活を期待したい。シャラポアはまだ18歳
と若いので、今日の敗戦を糧にして厳しい練習を積み重ね、得意の
芝のコートであるウィンブルドン(全英)の再勝利を目指してもらいたい
日本でこの2人の対決を見られた人は幸せでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.03

節分

「福はうち、鬼はそと」節分です。いつも芸能人が豆まきをする様子
をテレビでみると、小さい時の思い出がよみがえる。
母が煎った豆を、一升枡の中に入れて、父が家の中と外に撒くの
について回った。
家の中に撒いたその豆を次から次と拾ったのを思い出す。その頃
は自分の年の数だけ豆を食べられるという事を記憶している。佐渡
いた小さい時の頃だ。

弥彦に来て子供の親になった時は、殻に入ったピーナッツを撒いた
ようにと思う。今の家だったか、借家にいた時か、はっきりしないが。
結構、後始末が大変だった。そして鬼の面を買って、子供と遊んでい
たことを思い出している。

明日は立春だが、また寒さが戻ってきた。この週末車などの事故が
ないようにしなければならないと思っている。少し風邪気味だが、熱
もでなく、寝込む事もなく、最後の冬(?)を乗り越えたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.02

東横イン(その2)

建物改造の問題が明るみに出てから始めての東横インでの宿泊に
なる。先月26日に宿泊した時はこの問題はまだニュースになってい
なく、27日に帰って夜のニュースで知った。その時にこのホテルの
に泊まることになったいきさつを先日このブログで書いた。

私が宿泊しているところは改造されてなかったようだが、チェックイン
の時に、部屋のキーとお詫びの小さな紙を渡されただけで、特別な
お詫びの言葉もなく、特別に今までと変わったところがなかった。
とにかくこのホテルのフロントはすべて女性で、マニュアルどおりに
対応しているので、新入社員でもすぐ出来るようだ。

そういえば、このホテルに泊まって1年強になるが、ホテルの従事者
で、男性の姿を一度も見てないような気がする。客へのサービス体
制運営などは合理化されていて、使い勝手のいいホテルと思ってい
た。その合理化にいきすぎがあり、こんな結果になってしまったんだ
ろう。これからもこのホテルを使う事になるが、再修理に相当な費用
がかかると思うが、宿泊料金だけには転化しないで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.01

Podcasting


Podcastingと言うものを一度試してみます。どうなるかわかりません
上のダウンロードをクリックすると音声でニュースが聞けます。
興味のある音楽や動画をブログで配信する仕組みですが、よくまだ
かっていません。パソコンの音量を調節すれば上記のダウンロード
したニュースが聞けるはずです。

自分の音声を吹き込んだファイルをアップロードしてブログに配信す
れば、ブログを見た人は聞けるようですが、そんなややこしい事は
する気もないし、第一私の声を聞きたい人なんていないはずだ(笑)
自分がその日感じたことを文章で日記風に残すのがブログのいい
ところだと思います。書く力もつきますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »